FC2ブログ

Happy Days...

マイペースに歩いていく日々。一度きりの人生だから♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
大学院に来て、良かったと思う瞬間
今日は、9月に卒業するゼミの先輩たちの送別会がありましたちょっと前にも、学部の後輩主催のがあったんだけど、今回は院生のゼミでの会。ってことで、人数もいつものメンバーで、先生も参加してくださって合計12人。とても楽しい時間でした★

food

今日の送別会の会場は、学校近くのトルコ料理のレストラン。トルコ料理って初めて食べたけど、めっちゃ美味しい!感動した~お店の雰囲気もすごく良かったんだよ。ぜひ、また行きたいなって思いますこんなに美味しいお店が近くにあるのに、今まで知らなかったなんて~。

chai

こちらは、食後に出てきたチャイ。小さくてオシャレなカップで登場しました。すごくいい香りで、これも美味しかった!本当にオススメのレストランです一次会のこの食事中は、テーブルが二つに別れてしまったんだけど、いろんな話で盛り上がって楽しかった。特に「あいのり」の話題であんなに長時間楽しめるなんて(笑)みんな、見てるんだねぇ~。

それから場所を移動して、二次会。と言っても、とりあえずドリンクだけ注文して、あとはおしゃべり大会。女の子が多いので、結婚とキャリアについての話とか、本当に楽しかった開発とか国際協力を主に勉強する研究科なので、やっぱりそういう道でのキャリアを目指す人は多いんだよね。だけど、例えば国連職員なんかだと、修士号以上が必要で、尚且つ3年以上の実務経験が必要なのに、年齢制限があったり。しかも、年齢を重ねていくに連れて、結婚とか家族を持つということも現実味を帯びてきて、そんな中でどうやって叶えたい夢を実現するんだろうね、っていう話で、何だか聞いていてすごく刺激的でした。

自分も今就職活動をしているから、これからのキャリアのことと、人生の中で実現したい幸せのことと、考えることはたくさんで。先輩から話を聞いたり、同期の子と話をしたり、いろいろと参考になりました。全部が計画通りになんてならないのが人生。だけど、「今、やりたいこと」に全力を注ぐことで、その後で歩いていく道も見えてくるものなのかなって。先輩の話を聞いていて、そう思ったのでした

私は大学院に入ってからの1年半、自分のやりたかったことは何だったのか、これで良かったのか、これからどんな方向に進んでいけばいいのか・・・自分の中で、常に葛藤というか、モヤモヤした気持ちがあったんだよね。だけど、今日も先輩と盛り上がったんだけど、ゼミのメンバーで行った研修旅行は本当に宝物だと思うし、こういう話をできる人たちにめぐり合えたことは、一生の財産になるんだと思う。今までは、自分の中に迷いがあったりしたから、今ある環境に全力投球できない部分もあったんだけど・・・でも残り半年ちょっとの大学院生活、今しかできないことを目一杯やっていこうって思いました。いろいろあったけど、やっぱりここに来て良かったって思うそして半年後の今頃、笑ってみんなで卒業できるように、修論も頑張らないとね
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
先週もあったゼミ呑みですが、今日もありました。前回は「今学期もお疲れ会」で、今回は「先輩、修論お疲れ会」というすみわけらしい。 今回は西川先生も登場し、ゼミの飲み会らしい雰囲気でした。 それにしても、西川先生、一時間遅刻で登場し、ひとし
2005/07/29(金) 09:39:48 | 文系大学院生の暮らし。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。