FC2ブログ

Happy Days...

マイペースに歩いていく日々。一度きりの人生だから♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
世界で一番輝いてる人は
フィギュアスケートの全日本選手権。トリノ五輪代表をかけた、白熱の闘いフィギュアスケートってさ、すごく華やかで、見ているだけで楽しいけど・・・こんなにも涙しながら見たのは初めて特に涙が止まらなかったのは、村主選手と、恩田選手の演技の後。そして、トリノ代表がひとりずつコールされた瞬間。



私の頭に浮かんだのは、大好きな歌、椎名林檎の「あおぞら」の歌詞。



世界で一番輝いてる人は 努力してるって教えてくれたね



自分の力を出し切った瞬間のあの笑顔だったり、ガッツポーズだったり、涙だったり、なんて素晴らしいんだろうって思った。ここにくるまでの道は、決して平坦ではなかったと思う。今回の五輪選考にしても、村主選手と荒川選手に関して言えば、最初の段階ではポイントでは下位の方だったんだよね。


浅田真央ちゃんの年齢制限の話題で持ちきりの中、「ベテラン」の選手たちはどんな気持ちでいたんだろうと思うと、胸が痛くなる。すごいプレッシャーだったんだろうな。荒川選手にしても、前回はオリンピックを逃した経験もあるんだよね。どんどん成長してくる若手の勢い。得点のシステムが変わったりだとか、怪我や故障、不調があったり。「ベテラン」と言われるからこそのプレッシャーもあったんだろう


私は、真央ちゃんの演技もすごく好きだし、本当に才能のある選手だなって思うたった数ヶ月、年齢制限に引っかかるからって、オリンピックに出られないなんて・・・。それに対してすごく残念な気持ちはあるんだけど、今回のこの選手権を見てると、やっぱり今までいろんなものを積み上げて頑張ってきた「先輩」たちの表情に、もっと強く惹かれるものがあった。結果としてトリノ代表も、然るべき人が選ばれたんじゃないかと。


SPの荒川選手の演技を見て「女王」という言葉がまさにピッタリだなって思った笑顔は見せるけど、あまり感情を表にしないタイプなのかな!?って思ったけど・・・でも、引退も考えたっていうくらい、苦しい時期もあったんだろうね。それを乗り越えたからこその、ああいう場での力強さだったんだろうな、と。


恩田選手のガッツポーズと涙。結局、トリノの代表には選ばれなかったけど、私はすごく印象に残ったシーンのひとつ。その裏には、テレビで見るだけでは伝わらない思いがあったんだろうね。村主選手の涙も。ファンへのサービス精神が旺盛な、その姿も。ケガで苦しい時期を乗り越えての演技は、すごかったと思う。さすがって感じ。最年長として、ずっと引っ張ってきたんだもんね。私も同じ1980年生まれ。なんか、勇気付けられちゃった。


大好きな安藤美姫ちゃんも、今季は不調が続いたりしてたけど、選ばれて良かったなって心から思った。私は、彼女の笑顔が大好きです国民的アイドルと言われて、スケート以外でも人気者で。実力も魅力もたっぷりだけど、それだけに重圧も大きかったと思う。まして、不調が続いた時なんて。今まで、新スターとして注目の的だっただけに、思うように結果が出ないと「どうした?」みたいな記事を書かれるんだもんね。一番苦しかったのは、本人だろうに。誰にでも、スランプってあるのにね。



ちなみに、「生まれ変われるなら、安藤美姫になりたい」と公言(?)してる私。部屋で試しにジャンプに挑戦




・・・一回転すらならず。



順位なんて付けられない、それぞれ最高にステキだったと思う。「世界で一番輝いてる人は、努力してる」んだな、って思った瞬間。自分の中に、プライドをかけて挑戦できるものがあるって、なんて強いんだろうと思った。


オリンピック、みんな頑張れー
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。